前へ
次へ

家庭教師に向いているのは

家庭教師は一人の生徒につき先生が一人なので、その先生の影響力に大きく左右されることになります。
したがって教えるのが上手な先生だと効率的な学習ができますが、その逆にも十分なり得ます。
ただ先生がどこかの会社から派遣される場合は、安定した指導が期待できるかもしれません。
基本的なカリキュラムは共通しているところもあります。
そして家庭教師になる人にはベテランもいますが、大学生がアルバイトとして就いている場合が多いです。
授業を受ける子どもと年齢的に近いため親しみやすい反面、思春期の子どもの性格次第では手に負えなくなる可能性もあります。
そのため普段から勉強に対する意欲があり、それをサポートして伸ばす目的に適していると言えるでしょう。
もし勉強に対する意欲が全くない子どもに、意欲を植え付けるところから始めるのであれば、周囲の同学年の子どもたちが勉強をするという空気が出来上がっている集団学習の方が向いているかもしれません。

Page Top