前へ
次へ

家庭教師は子供の変化に対応しやすい

将来の受験に備えて塾を利用するときがあり、中学受験なら早ければ小学校3年や4年から通わせたりもします。
5年や6年となると受験対策が本格的に始まり、超が付くような難関校を目指すコースにはそれなりに学力のある子が集められます。
上手く授業についていければいいですが、何かの拍子で躓くとそのままずるずる成績が低下するときがあり、成績低下のタイミングを見逃すと取り返しのつかないことになる可能性があるので注意が必要です。
集団指導塾では生徒一人に先生が付くわけではなく、生徒がついていけていないと分かるのが遅れるときがあります。
家庭教師はマンツーマンで授業を行ってくれるので、生徒が分からないタイミングを発見しやすいです。
躓く前に対処してくれるので、成績も低下することなくそのままの調子で受験勉強ができるでしょう。
家庭教師は学力の変化だけでなく気持ちの変化にも対応しやすく、いいタイミングで休憩を入れてくれたりの配慮ができる人もいます。

Page Top